SEO対策のためのサイト構造

SEO対策のためにサイト構造をきちんと管理することで、ユーザビリティの向上につなげていくことができるだけでなく、検索エンジンにとってもわかりやすいサイトを作り出すことができます。サイトというのは、利用者が情報を探すための場所であり、そこがしっかりと管理されていないと利用者にとってはかなり不便になります。なので、まずは情報を見つけやすいようにコンテンツをカテゴリー別に整理する必要があります。この際に有効となる手法にロジックツリーを用いた方法があり、これを行っていくことでコンテンツを論理的に分類していくことができ、SEO対策の効果を高めていくことにつながります。

ロジックツリーを使うことによるSEO対策のいい点は、カテゴリーの分類で抜けをなくすことにつながっていきます。また、重複するようなカテゴリーを作らないで済むので、クローラビリティの向上にも貢献します。抜け漏れがある場合、利用者にとってかなりの利便性の低下があり、例えば、季節ごとの食品を紹介しているサイトの場合、実際にコンテンツがないのに食べ物のジャンルのカテゴリーを作ることでユーザーを惑わしてしまうことになります。重複のあるカテゴリーの場合、寒い季節と冬にカテゴリーがされていると同じようなものなので重複にあたり、情報がどこに存在しているのかを把握するのが難しくなってしまいます。

しかし、ロジックツリーを用いることでこのような状況を打破することができるので、上手に活用していくのがおすすめになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *